英語サイトはこちら中国語サイトはこちら韓国語サイトはこちら
低身長専門西新宿整形外科クリニック
完全予約制お電話でのお問い合わせ
ヘッダー_フリーダイヤル 0120-962-992
ご来院の方でもご予約がない方に関しましては、診療をお断りさせて頂いております
ひざ・肘・肩の再生医療PRP-FD(PFC-FD)

PRP-FD(PFC-FD)の3つの特徴

PRP-FDの3つの特徴
  • PRP-FDには7つの成長因子が含まれている
  • 成長因子の濃度は、一般のPRPの2倍以上
  • 自己血から精製するので、添加物フリー

PRP-FD(PFC-FD)とは?

PRP-FDとは?

PRP-FDとはPRP(多血小板血漿)を活性化と濃縮したものをフリーズドライ化したものです。
血小板は血管が損傷したとき損傷した場所に集まって止血をする働きがあります。そのさい、多量の成長因子を放出します。
この成長因子には組織修復のプロセスを開始する働きがあります。血小板の放出する成長因子を使って、治りにくい組織の修復を促したり、早く組織修復を促す方法がPFC-FD療法になります。
PRP-FDには組織修復を促す働きはありますが、どのような組織を作るかについて指示する働きはありません。

PRP-FD(PFC-FD)精製プロセス

採血した自己血(40ml)を精製しPRPを作成します。
採血した自己血(40ml)を精製しPRPを作成します。

そのPRPを活性化させ、血小板由来の成長因子を抽出、無細胞化したうえで、濃縮し、血小板由来成長因子濃縮物を作成します。
さらにフリーズドライ加工し、PRP-FDが出来上がります。

通常のPRP2倍の成長因子を含むPRP-FD(PFC-FD)
通常のPRP2倍の成長因子を含むPRP-FD(PFC-FD)

PRP-FDは、製造工程で、血小板を高濃度に濃縮することによって、成長因子濃度も高くなり得られる成長因子総量(7種)も同量の血液から作るPRPと比べ約2倍となります。

7つ成長因子
7つ成長因子
  • PDFG(血管新生・細胞増殖)
  • TGF-β(線維芽細胞の増生)
  • VEGE(血管新生)
  • EGF(幹細胞の増殖・文化)
  • FGF(筋細胞の増殖・血管新生)
  • HGF(血管新生・線維化抑制)
  • IGF-1(筋芽細胞・線維芽細胞の遊走、タンパク合成)

治療の流れ

治療の流れ治療の流れ

中段_0120-962-992

再生医療PRP-FD(PFC-FD)治療の費用

  通常価格(税込) モニター価格(税込)
再生医療
PRP-FD治療(PFC-FD)
1回 ¥280,000 ¥224,000

最先端の再生医療「PRP-FD(PFC-FD)」なら
お悩みの解消が期待できます。

期間限定モニターを募集します!
治療内容
PRP-FD(PFC-FD)
期間
2019年4月~6月末
条件
当院で初めてPRP治療を受ける方に限ります。
応募方法
お電話、もしくは、当HPの「カウンセリング予約」フォームで、
PRP‐FDモニター応募」と明記ください。
治療の1ヶ月後の経過観察の料金を含みます
※関節の症状によって、必要回数が異なります

フッター_0120-962-992

モニター応募時の注意事項

安心のアフターケア カウンセリング~施術~術後の経過まで担当Drが監修させていただきます。
医師に直接ご相談いただける無料ドクターメール相談システムを設けております。
ご来院前のお悩みやご質問、術後の経過等、ぜひお聞かせください。
ご不安を最小限にできるよう、スタッフ全員でサポート致します。
ご来院前・術前、術後に関わらず、ご不明な点やご心配な事は何でもご相談ください。

モニター募集について モニター審査がございます。
募集は予告なく終了することがございます。
カウンセリングは完全無料です。
身分証明書をお持ち下さい。
ホームページ・ブログ・Facebookなどで使用する写真や動画・アンケートにご協力頂きます。
お写真は施術箇所のみです。お名前は一切公表されませんのでご安心下さい。)
ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
(医師と直接コンタクトを取りたい方は無料ドクターメール相談システムをご利用ください。)

関連する治療一覧

監修医師紹介

西新宿整形外科クリニック医師紹介

西新宿整形外科クリニック 医長
田邊 雄 医師
Yu Tanabe


【所属学会】
日本整形外科学会、日本再生医療学会、日本抗加齢医学会


【資格】
医師、医学博士、整形外科専門医

【専門】
変形性膝関節症、小児低身長、リハビリテーション

【経歴】

2003年 富山県立富山中部高等学校卒業
2011年 金沢医科大学医学部医学科卒業
2011年 順天堂医院 初期研修医
2013年 順天堂医院 初期研修修了
2013年 順天堂医院 整形外科入局
2014年 順天堂大学大学院 整形外科学講座
2013-2018年 下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、
杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
2018年 日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
2018年 順天堂大学大学院 医学博士取得
2018年 SBCグループ・西新宿整形外科 入職
2018年 西新宿整形外科  医院長
2019年 ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

【学会発表実績(筆頭演者として)】
・国内学会
・日本整形外科学会学術総会
・日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会日本整形外科学会基礎学術集会
・日本抗加齢医学会総会
・日本癌学会学術総会
・日本電気泳動学会総会
・日本義肢装具学会学術大会 等

【国際学会(筆頭演者として)】
・ORS (Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society)
・CTOS (Connective Tissue Oncology Society)
・ISLOS (International Society of Limb Salvage General Meeting )
・The International Academy of Sportology 等

【学会発表実績(筆頭演者として)】
・IRE1α-XBP1 inhibitors exerted anti-tumor activities in Ewing’s sarcoma
Oncotarget. 2018 Mar 6; 9(18): 14428–14443.
Yu Tanabe,1 Yoshiyuki Suehara,1 Shinji Kohsaka,2 Takuo Hayashi,3 Keisuke Akaike,1 Kenta Mukaihara,1 Taisei Kurihara,1 Youngji Kim,1 Taketo Okubo,1 Midori Ishii,1 Saiko Kazuno,4 Kazuo Kaneko,1 and Tsuyoshi Saito3
・The Development of the Short-form of “25-Question Geriatric Locomotive Function Scale”
Journal of Advances in Medicine and Medical Research, ISSN: 2456-8899, ISSN: 2231-0614 (Past),Vol.: 25, Issue.: 10
Yu Tanabe1#, Yoshiyuki Suehara1*#, Yongji Kim1#, Shuko Nojiri2, Taketo Okubo1, Midori Ishii1, Takayuki Kawasaki1, Kiyoshi Matsuoka2, Keisuke Akaike1, Kenta Mukaihara1, Naoko Okubo3, Tsuyoshi Saito4 and Kazuo Kaneko1
・An Outpatient-based Survey on the Recognition of Locomotive Syndrome in Japan: The Results of three Years of Surveys
British Journal of Medicine and Medical Research, ISSN: 2231-0614,Vol.: 15, Issue.: 9
Yu Tanabe1, Yoshiyuki Suehara1*, Taketo Okubo1, Yongji Kim1, Midori Ishii1, Takayuki Kawasaki1, Kiyoshi Matsuoka2, Keisuke Akaike1, Kenta Mukaihara1, Daisuke Kubota1, Naoko Okubo3, Yuichiro Maruyama1, Tsuyoshi Saito4 and Kazuo Kaneko1 等

▲このページのTOPへ

西新宿整形外科クリニックホームページをご覧の皆様へ

西新宿整形外科クリニックでは、小児低身長と関節等の再生医療を中心に子供からご高齢の方まで、すべての方が健やかに毎日を過ごすための治療を取り扱っております。
カウンセリングでは、担当医師が患者様のお悩みやご要望をしっかりと伺い、的確な診断と有効な治療法の提案をさせていただきます。

私たちは、最適な医療を提供するためには患者様と優良なコミュニケーションをとることが大切だと考えておりますので、 何かご不明点や不安な点などがあれば、どんなことでも医師や看護師へお話しください。誠心誠意、お答えさせていただきます。

お電話での予約
お問い合わせ

お電話での予約
お問い合わせ

フッター_メール相談メール相談

フッター_カウンセリング予約カウンセリング
予約